葦笛の鳴るところ
葦笛の鳴るところ

¥ 1,620

丸山健二文学賞第1回受賞作品。新しい文学がここから始まる!

この国の危機はいまや、自然が人の領域を侵している、という段階ではない。人そのものが歴史上経験がないほど、自然そっちのけで奪い合い、潰し合う。
たかだが葦一本が、なにほどのものになろうというのか。(本文より)

マスコミと政治家が隠蔽する中国
マスコミと政治家が隠蔽する中国

¥ 1,620

1500円+税
ソフトカバー 230ページ

本書は、東アジア情勢について鋭い論議をつ づけてきた、前衆議院議員の著者が、およそ近 代国家とはいいがたき中国の内情を暴露してい く。 ここまで危険な国家がなぜ日本では正常に報 じられないのか? 誰がその真実を隠蔽しようとしているのか? 政治家ならではの経験から、中国の真実を巧 妙に隠してきた日本国内での知られざる親中派 の暗躍を白日のもとに晒す!

序章 誌上シミュレーション― 201X年、中国崩壊 第1章 中国とはどういう国家で、今、何をしようとしているのか? 第1節 中国を理解することの難しさ
第2節 中国人と中国共産党の行動原理
第3節 膨張する中国との接点―尖閣諸島

第2章 中国の民族弾圧に手を貸す親中派とスパイたち 第1節 日本には、チベットに報いる義務がある
第2節 日本国民に隠したいのは誰か? ウイグル問題
第3節 遊牧民の文化を破壊され、汚染される南モンゴル

第3章 汚染された中国経済が地球を滅ぼす
第1節 データの捏造を検証しなければ利用される
第2節 バブルが加速した職業倫理の欠如
第3節 環境汚染などひとごと、利権だけが自分のこと
第4節 ハリボテの経済が暴かれるとき

第4章 人民解放軍という利権集団
第1節 人民解放軍に翻弄される習政権
第2節 共産党と対立を深める人民解放軍の実態
第3節 首輪のとれた人民解放軍暴走の行方
第4節 日本は中国との情報戦を闘えるのか?

第5章 中国崩壊の危機に臨んで、我国の対処は如何に?第1節 中国崩壊に備えるために
第2節 日本政府はチャイナリスクから日本人を守れる? 第3節 必ずや国内問題に発展する中国崩壊
第4節 日本が世界に示すべき使命はみずからの手でつかむ

【著者紹介】
長尾 敬
昭和37年11月29日東京都生まれ。昭和61年立命館大学経営学部卒業。同年、明治生命(現・明治安田生命)保険相互会社に入社。平成21年第45回衆議院総選挙で大阪14区から民主党公認で136798票を得て初当選。厚生労働委員会理事、拉致問題特別委員会理事、超党派・「日本の領土を守るために行動する議員連盟」事務局長などを歴任。平成24 年11月16日、衆議院解散直後、民主党を離党。同年衆議院総選挙に無所属で立候補。12月13日に安倍晋三総裁が選挙応援演説中に公認を表明し、自民党公認候補となるも惜敗。現在は、臥薪嘗胆、捲土重来を期し国政に復帰すべく活動中。

白鯨物語 愛蔵版
白鯨物語 愛蔵版

¥ 6,480

6,000円+税
A5判ハードカバー
656ページ(予定)
書店での販売はありません。直販限定版になります。

白鯨物語 普及版
白鯨物語 普及版

¥ 2,160

2000円+税
四六判ソフトカバー
656ページ(予定)
2013年11月28日発売予

新装版 まだ見ぬ書き手へ
新装版 まだ見ぬ書き手へ

¥ 1,404

1300円+税
文学を愛し現状を憂える筆者が、真に自立した新しい書き手の出現を望んでおくる、力強い文学への手引き。 「私が期待してやまない書き手が登場できる可能性はゼロに等しくなりました。そして、文学関係者は死に、かれらがいい加減に築いてきた文学の世界も時間の問題で崩壊するでしょう。だからといって、私は諦めていません。文学を投げ出してもいません。それどころか、その逆です。ますます情熱を募らせています。なおかつ、薄汚く、無能で、文学者気取りをするのが精いっぱいの輩が、自分たちの立場を守るためだけに排除した有能な書き手を救う手立てを真剣に考えています。だから、今ここに、
この『まだ見ぬ書き手へ』を再出版します。〈まだ見ぬ書き手〉を見殺しにするような愚劣で卑劣なことは、
この私が断じて許しません。万難を排して援護する所存です。」(「新装版のための序」より)
※本書は、近日発表する「丸山健二文学賞」の指南書でもあります。

IT批評Vol.3
IT批評Vol.3

¥ 1,620

1,500円+税
インターネットが消費社会の在り方そのものを変化させています。その変化は、スマートフォンの普及によって加速しています。脈動するリアルタイム情報を手にした消費者は、既存の消費スタイルからはまったく予想のつかない行動をとりはじめています。 情報と体験の距離はインターネットによっていかに変化し、それが消費社会にどのような影響を及ぼしているのか。消費者の定義が多様化するなかで、企業コミュニケーションはいかに対応していくのか。 そして、再定義を迫られる消費社会について、ビジネスの視点を超えて考察していきます。
●高度に発達した消費社会から疎外されるのは資本か? 國分功一郎インタビュー
●パサージュからネットへ~資本主義の構造転換と消費社会の変容 清家竜介
●ウェブは空間を資源化する~ソーシャル時代の情報空間論 鈴木謙介
●コンテンツ消費の限界が、リアルの熱量を求める時代 宇野常寛インタビュー
●消費のパラダイムシフトとしてのO2O 松浦由美子
●デジタルディバイド(情報格差)を埋めるスマートデバイスが、 オンラインとオフライン、情報と物質を融合する 林信行
●企業はなぜソーシャルなコミュニケーションを失敗するのか 森中亮
●震災復興の鍵を握る地理空間情報基盤 クロサカタツヤ
●特別寄稿 生命・情報・社会~情報社会のコミュニティとフォーラム 橘川幸夫
●空想科学対談 2025年のIT批評~「ゲーミフィケーション」が言われなくなる世界で 井上明人

IT 批評 vol.2
IT 批評 vol.2

¥ 1,028

952円+税

ソーシャルメディアの拡大と定着は、実社会におけるコミュニケーションのあり方、個人と公共の関係を変えようとしています。今回の東日本大震災によって、その直後からソーシャルメディアは、その功罪をふくめて大きな注目を浴びる結果となりました。本号では、ソーシャルメディアの社会への影響と、波及しうる分野について大局的な視点で捉えています。

IT 批評 vol.1
IT 批評 vol.1

¥ 1,028

952円+税

【特集:プラットフォームへの意志】
~クラウド、SNS、モバイル、ゲーム、日本企業はルールの策定者になれるのか?~
1995年以降つづいたポストモダン的な状況を経て、ビジネス界は「プラットフォーム戦略」をもって新たな再編を
目指しはじめています。日本企業が、これから始まろうとする新しい物語の主人公となるか、脇役に甘んじるかは、
今、いかにヴィジョンを描けるかにかかっています。今号では、IT業界を中心にビジネスの大きな転換点となりうる
プラットフォーム戦略を分析し、いかにしてプラットフォーム戦略の勝者となるための要件を考えます。
●平野敦士カール「プラットフォーム戦略の本質」
●林 信行「プラットフォームクロニクル OS戦記」
●深川孝行「ソニー 蹉跌の系譜」
●クロサカタツヤ「ケータイ産業はプラットフォーマーの台頭と対峙できるのか」
●池田紀行・池田勇人「ソーシャルメディア時代の覇権を握るのはどこか?」
●サイトウ・アキヒロ「任天堂はなぜ勝者となりえたのか」
●西田宗千佳「クラウドが「プラットフォーム」である理由」
●岩本幸男・常盤木龍治「日本発SaaSは世界のクラウドを目指す」
●関口智嗣「クラウドの本質―グリッドから発展したクラウド―」
●佐藤 健・西田助宏「クラウドのセキュリティに対する疑問」
●【特別寄稿】伊藤洋一「日本人が知らない日本企業の能力」
●【インタビュー】宇野常寛「インターネットに先行したTVの想像力」
●【トピックス】激安クーポンを販売する「グルーポン」が大人気の理由は?
気鋭のジャーナリスト・評論家によるITをめぐる考察、分析

IT批評 vol.0
IT批評 vol.0

¥ 1,028

952円+税

・佐々木俊尚氏(ITジャーナリスト/『電子書籍の衝撃』著者)が語る、iPadをめぐる書籍の再定義。
・杉浦宣彦氏(中央大学ビジネススクール教授)が語る、金融業と接近することで、社会的責任を増すIT業界について。
・そのほか、IT化、システム化で変わりゆく政治や広告の概念など。業界、職種を横断して大胆に分析。

怒れ、ニッポン!  丸山健二
怒れ、ニッポン!  丸山健二

¥ 1,404

1,300円+税
本書は、2011年4月27日からスタートした丸山健二氏によるTwitterとブログを元に再構成したものです。 戦後、日本政府が行ってきた政治のツケは、この3・11に窮まったと言え、国民一人一人が「今何をすべきか」ということを考え始めています。このような状況の中で、氏がTwitterで投げかける歯に衣着せぬ過激な言葉はインターネット族に共鳴し、若者を中心としたフォロワーは1万2000人を超えて増え続けています。 同氏のツイートの特徴は、単なる「つぶやき」ではない140字で完結された修辞であり、さらに綺麗事に飾られた耳あたりのいい言葉ではない「本物の言葉」と言え、このことが国家という虚構に気づきながらも行動を見出せない多くの若者たちの共感を得たのだと考えられます。 本書は、そんなTwitterの言葉138本を収録し、しがらみという束縛、そして権力から一番遠い同氏が紡ぐ渾身の言葉の力を十分に感じていただける一冊となっています。 さらに本書では、単なるTwitterの発言集にとどまらず、読者の皆さんがテキストを自由に書き込む欄を設けました。つまり本書は、読者自身が言葉を生み、その言葉を編集することで完成する新しい書籍のスタイルをとっています。 芥川賞作家である丸山健二と読者自身の言葉で紡がれる、世界に唯一の書籍、『怒れ、ニッポン!』を何卒よろしくお願い申し上げます。

正義の怒りにつながらない悲しみは、ただの泣き寝入りでしかない。泣き寝入りは、一個の独立した人間の取るべき態度では断じてなく、この世に存在することの尊厳をみずから放棄した、羊のようにおとなしいだけの腰抜けの愚者の選択肢だ。怒れ、ニッポン! (Twitter4月28日より)

いのちが、咲く瞬間。  李 正姫
いのちが、咲く瞬間。 李 正姫

¥ 1,296

1,200円+税
本書は、大学病院を舞台に、医者と患者、そして家族の間で繰り 広げられる人間模様を繊細なタッチで描いた短編小説集です。 親になりきれない夫婦、死にたい中年男、本当の父を知らない女 の子、友人の末期癌と向き合う女医、死への準備を終えた老女、 そして医師になる理由を探し求める研修医。 6人の主人公たちが「生死」の狭間に立ち、これまでの人生を省 みて今後を模索する人間たちの有り様を、医療現場の厳しい現実 を交えながら真摯に描き出しました。 また、人工受精や無縁社会、救急医療の在り方など、いま注目さ れている社会問題にも踏み込んでいます。 家族との絆、そして生きる希望を見出す6編のハートフルストー リー『いのちが、咲く瞬間。』をよろしくお願い申し上げます。

原発と放射能の問題を考える200の方法
原発と放射能の問題を考える200の方法

¥ 1,620

1,500円+税
脱原発ポスター展は、文部科学省と経済産業省が主催す る「原子力ポスターコンクール」に対抗して、クリエイ ター、ビジネスコンサルタントらの有志が集まって開催 しています。国内にとどまらず海外でも展示会を開催し、 毎回おおきな反響を読んでいます。 世界各国からの一般応募作品1500点を数え、自然エネル ギーの多様な可能性を感じさせるものや、消費者が電力 の選択ができる仕組みを分りやすく説明するもの、子ど もたちの未来に対する危惧を表現したものなど、多種多 様な作品が集まっています。 本書は優秀な作品をまとめた作品集であり、ポストカー ドやミニポスターとして使用もできます。 脱原発を求めるすべての人のマストアイテムとなります。 本書の収益の一部は、脱原発運動に寄付されます。

歯のないひと、ボケるひと -咬む力が脳の若さを維持する、これだけの理由  上條 達央
歯のないひと、ボケるひと -咬む力が脳の若さを維持する、これだけの理由  上條 達央

¥ 1,080

1,000円+税
歯科医師のあいだでは半ば常識として語られてきた“歯 とボケ"の関係。 自分の歯を失い咬む力が弱まったままの生活をつづけ ていると、やがては脳機能を低下させていく可能性が 非常に高いことは、さまざまなデータからも明らかにな りつつあります。 “咬む力"は、しかし、入れ歯では補うことができませ ん。では、どうしたらいいのか? 認知症とその介護が大きく社会問題化しています。家族 の誰かが発症することで、それまでの生活を一変させて しまう認知症。介護苦によって痛ましい事件さえ起きて います。 本書では、“咬む力"と脳機能の関係をさまざまなデータ から誰にでも分かりやすく紹介しながら、一度失った“咬む力"を復活できるほど発達した歯科治療についても 詳しく案内しています。

営業ストレス脱出マニュアル―叱られて強くなる断られて賢くなる営業四十八手    有馬 壽志
営業ストレス脱出マニュアル―叱られて強くなる断られて賢くなる営業四十八手 有馬 壽志

¥ 1,404

1,300円+税
未曾有の不況下、多くの営業マンが、会社からの過剰なプレッシャーと営業先での冷めた対応に悩み、苦しんでいます。br本書では、著者の経験に基づいた具体的な48のメソッドで、営業ストレスを“根本治療”していきます。これを読めば、頭と心のチャンネルが変わり、ストレスのない営業活動へ向かわせてくれます。「いかに勝つか」「いかにトップになるか」しか教えてくれない営業ノウハウでは、一歩踏み出せなかった“草食系”営業マンにこそ読んでもらいたい、お守りとなる一冊です。

1時間で経営が変わる 社長の会計学  岡 健一
1時間で経営が変わる 社長の会計学 岡 健一

¥ 1,404

1300円+税
1日40社以上が倒産! 倒産した会社は本当に建て直せなかったのか!?
公認会計士である著者の元に駆け込んでくる社長たち。
「いよいよ会社がやばい」「資金繰りが厳しくなってきた」「社員の給料だけでも何とかして欲しい!」
その実態は打つ手が限られており、泣く泣く破産しなければならないことが少なくない。
今後ますます先行きが不透明な経済状況において、もはやこれまでの常識は通用しない! では、
中小企業の社長がいまやるべきこととは何か?
コスト削減や節税するだけではなく、BS、PLに一喜一憂するのでもなく、
日々のキャッシュフローを正確に把握することこそ、会社を継続するための最大のポイントである。
日本経済の根底を支えている全ての中小企業の社長に捧げる、新しい経営哲学!
実体験を基にしたケースワークも紹介!

アパマン経営で黒字倒産はなぜ起こる? 会計の専門家が語る 不動産投資の怖い話
アパマン経営で黒字倒産はなぜ起こる? 会計の専門家が語る 不動産投資の怖い話

¥ 1,620

1,500円+税
「利益はあるのにお金がない!」という悩みを持つ、
アパート・マンションのオーナーさん、サラリーマン大家さん、
そして、これからアパマン経営を始める方、必読の1冊!

知っていましたか? たとえ利回り12%の好条件な物件であっても、
焦げ付き(キャッシュアウト)が生じることもあるんです。
投資を考える際、とかく物件や利回りに目がいきがちですが、
何よりも大切なのはズバリ「キャッシュフロー計算」!
本書は、公認会計士・税理士という会計の専門家であり、同時に自身も
マンション、オフィスビルなどの投資用不動産を所有する著者が、

●勘定あって銭足らずが起きる理由
●経費計上できない融資返済と年々膨らむ税金の存在感
●キャッシュフロー計算に欠かせない知識&ポイント
●パラメータによる将来のキャッシュフローシミュレーション
●キャッシュフロー計画をもって金融機関と融資交渉を

……など、「キャッシュフロー計算」に基づいた、不動産投資の
考え方と具体的ノウハウを、事例をもとにやさしく解説します。
アパマン経営できちんと利益をあげたい方に最適な本です。

【構成】
Part1■[講義] 不動産投資とはキャッシュフロー経営
Part2■[演習] キャッシュフロー表を理解・作成する
Part3■[シミュレーション] キャッシュフロー表を使いこなす
Part4■[ケーススタディ] 実例にみるキャッシュフローの重要性
Part5■[応用] 融資、税金対策の知識を身につける
Part6■[補足] キャッシュフローを生む物件とは

幸せな相続と老い支度の教科書 黒田 泰、清田 幸弘、 松本 素彦
幸せな相続と老い支度の教科書 黒田 泰、清田 幸弘、 松本 素彦

¥ 1,620

1,500円+税
ざっくりわかって、安心できる!

相続に関する「基礎知識」「手続き」「トラブル」「解決方法」を一気に解説!
巻末には、相続コーディネーターがすすめる全国士業事務所一覧(弁護士、税理士、司法書士、行政書士)の資料あり!

ある日、突然やってくる「老い」や「死」。そして、あとを絶たない相続に関する遺族たちのトラブル。
私たちが考えなければならないことは、子供たちに何を、どのように残すかということ。
人生を後悔しないために、今から学びたい「老い支度」と「相続」の基礎知識!

食を整える -からだを素直にし、こころを楽にする習慣-  福島 徹
食を整える -からだを素直にし、こころを楽にする習慣-  福島 徹

¥ 1,080

SOLD OUT

1,000円+税
食が健康の基本であることはよく言われることですが、食が生き方そのものさえ左右するものであることを普段から感じることは難しいものです。 日々、繰り返され、人の欲望を刺激し、苦悩の種となる「食」に対する姿勢をどのように持つか。食をとりかこむさまざまな問題に、どのように向き合うのか。自分と家族の幸せをいかに生み出すのか。 ストレスの多い現代で、多くの人が心のコントロールを失って苦しんでいます。しかし、心はそのものをコントロールすることはできません。 心を整えるには、体を整えて感覚を正常にしておかなければなりません。そして、体を整えるには、食を整えるしかありません。 食べること、食べるものの新しい価値を指南しながら、幸せをつかむ方法を伝えます。