怒れ、ニッポン!  丸山健二

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

1,300円+税
本書は、2011年4月27日からスタートした丸山健二氏によるTwitterとブログを元に再構成したものです。 戦後、日本政府が行ってきた政治のツケは、この3・11に窮まったと言え、国民一人一人が「今何をすべきか」ということを考え始めています。このような状況の中で、氏がTwitterで投げかける歯に衣着せぬ過激な言葉はインターネット族に共鳴し、若者を中心としたフォロワーは1万2000人を超えて増え続けています。 同氏のツイートの特徴は、単なる「つぶやき」ではない140字で完結された修辞であり、さらに綺麗事に飾られた耳あたりのいい言葉ではない「本物の言葉」と言え、このことが国家という虚構に気づきながらも行動を見出せない多くの若者たちの共感を得たのだと考えられます。 本書は、そんなTwitterの言葉138本を収録し、しがらみという束縛、そして権力から一番遠い同氏が紡ぐ渾身の言葉の力を十分に感じていただける一冊となっています。 さらに本書では、単なるTwitterの発言集にとどまらず、読者の皆さんがテキストを自由に書き込む欄を設けました。つまり本書は、読者自身が言葉を生み、その言葉を編集することで完成する新しい書籍のスタイルをとっています。 芥川賞作家である丸山健二と読者自身の言葉で紡がれる、世界に唯一の書籍、『怒れ、ニッポン!』を何卒よろしくお願い申し上げます。

正義の怒りにつながらない悲しみは、ただの泣き寝入りでしかない。泣き寝入りは、一個の独立した人間の取るべき態度では断じてなく、この世に存在することの尊厳をみずから放棄した、羊のようにおとなしいだけの腰抜けの愚者の選択肢だ。怒れ、ニッポン! (Twitter4月28日より)