IT批評Vol.3

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

1,500円+税
インターネットが消費社会の在り方そのものを変化させています。その変化は、スマートフォンの普及によって加速しています。脈動するリアルタイム情報を手にした消費者は、既存の消費スタイルからはまったく予想のつかない行動をとりはじめています。 情報と体験の距離はインターネットによっていかに変化し、それが消費社会にどのような影響を及ぼしているのか。消費者の定義が多様化するなかで、企業コミュニケーションはいかに対応していくのか。 そして、再定義を迫られる消費社会について、ビジネスの視点を超えて考察していきます。
●高度に発達した消費社会から疎外されるのは資本か? 國分功一郎インタビュー
●パサージュからネットへ~資本主義の構造転換と消費社会の変容 清家竜介
●ウェブは空間を資源化する~ソーシャル時代の情報空間論 鈴木謙介
●コンテンツ消費の限界が、リアルの熱量を求める時代 宇野常寛インタビュー
●消費のパラダイムシフトとしてのO2O 松浦由美子
●デジタルディバイド(情報格差)を埋めるスマートデバイスが、 オンラインとオフライン、情報と物質を融合する 林信行
●企業はなぜソーシャルなコミュニケーションを失敗するのか 森中亮
●震災復興の鍵を握る地理空間情報基盤 クロサカタツヤ
●特別寄稿 生命・情報・社会~情報社会のコミュニティとフォーラム 橘川幸夫
●空想科学対談 2025年のIT批評~「ゲーミフィケーション」が言われなくなる世界で 井上明人