マスコミと政治家が隠蔽する中国

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

1500円+税
ソフトカバー 230ページ

本書は、東アジア情勢について鋭い論議をつ づけてきた、前衆議院議員の著者が、およそ近 代国家とはいいがたき中国の内情を暴露してい く。 ここまで危険な国家がなぜ日本では正常に報 じられないのか? 誰がその真実を隠蔽しようとしているのか? 政治家ならではの経験から、中国の真実を巧 妙に隠してきた日本国内での知られざる親中派 の暗躍を白日のもとに晒す!

序章 誌上シミュレーション― 201X年、中国崩壊 第1章 中国とはどういう国家で、今、何をしようとしているのか? 第1節 中国を理解することの難しさ
第2節 中国人と中国共産党の行動原理
第3節 膨張する中国との接点―尖閣諸島

第2章 中国の民族弾圧に手を貸す親中派とスパイたち 第1節 日本には、チベットに報いる義務がある
第2節 日本国民に隠したいのは誰か? ウイグル問題
第3節 遊牧民の文化を破壊され、汚染される南モンゴル

第3章 汚染された中国経済が地球を滅ぼす
第1節 データの捏造を検証しなければ利用される
第2節 バブルが加速した職業倫理の欠如
第3節 環境汚染などひとごと、利権だけが自分のこと
第4節 ハリボテの経済が暴かれるとき

第4章 人民解放軍という利権集団
第1節 人民解放軍に翻弄される習政権
第2節 共産党と対立を深める人民解放軍の実態
第3節 首輪のとれた人民解放軍暴走の行方
第4節 日本は中国との情報戦を闘えるのか?

第5章 中国崩壊の危機に臨んで、我国の対処は如何に?第1節 中国崩壊に備えるために
第2節 日本政府はチャイナリスクから日本人を守れる? 第3節 必ずや国内問題に発展する中国崩壊
第4節 日本が世界に示すべき使命はみずからの手でつかむ

【著者紹介】
長尾 敬
昭和37年11月29日東京都生まれ。昭和61年立命館大学経営学部卒業。同年、明治生命(現・明治安田生命)保険相互会社に入社。平成21年第45回衆議院総選挙で大阪14区から民主党公認で136798票を得て初当選。厚生労働委員会理事、拉致問題特別委員会理事、超党派・「日本の領土を守るために行動する議員連盟」事務局長などを歴任。平成24 年11月16日、衆議院解散直後、民主党を離党。同年衆議院総選挙に無所属で立候補。12月13日に安倍晋三総裁が選挙応援演説中に公認を表明し、自民党公認候補となるも惜敗。現在は、臥薪嘗胆、捲土重来を期し国政に復帰すべく活動中。